真宗高田派 専修寺 関東別院

賢くなる

高田派の作法⑥「朝・夕のおつとめ」

    この記事をシェアする

おつとめとは、勤行(ごんぎょう)ともいい、声に出してお経を読むことです。それは、お釈迦さまや親鸞聖人の言葉で、阿弥陀仏の徳をたたえる「うた」ですから、決して加持祈祷などの呪文でもなければ、追善供養のためのものでもありません。

私たちは、毎日繰り返しおつとめすることによって、その言葉を通して、仏さまの教えを受けられるのです。自ら唱えながら、自ら聞かせていただくという心持ちでつとめることが大切です。忙しい世の中、静かな気持ちと正しい姿勢で、家族そろってお参りできるよう心がけたいものです。 

できれば、親鸞聖人や高田派歴代上人が書いたお便りである「御書」の拝読もしたいものです。随時適当なものを選び拝読してください。以上が、おつとめの基本です。

その時の状況に応じて簡略しても結構ですが、要は毎日おつとめすることが大事です。

 

・朝のお勤め(朝時勤行)

・夕べのお勤め(夕時勤行)

 

 

高田派のリンの打作法

基本的には、おつとめの前後に打ちます。3打を1回とし、その音の大きさは、中・大・小となるように打ちます。リンはおつとめの時に打つもので、焼香や礼拝だけの場合には打ちません。

 

おつとめの本(勤行本)

おつとめの本(勤行本)の中には、お釈迦さまや親鸞聖人の尊い教えが説かれているので、大切にあつかってください(畳に直に置かない等)。おつとめが始まる時、両手で目より高くもった上で拝読し、終わったら再び、目より高く持つのが作法です。

 

 

この記事をシェアする

ページトップへ戻る